Dスポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Dありがとう、小梅


今日、午後2時50分

愛猫の小梅が虹の橋を渡りました。

小さな頃からにんげんが苦手だった小梅は

滅多に姿を見せてくれませんでした。


そんな小梅の異変に気が付いたのは1~2週間前。

「小梅、最近痩せたんじゃない?」と娘が気が付くも

その姿をなかなか確認することができず・・・。

やっと確認できたのが、1週間ほど前。

「確かに痩せた、病院に連れて行きたい。」

と思うもなかなか捕獲できず。

ご飯を食べていることと 排泄を確認しながら

捕獲のチャンスをうかがっていました。


そして今朝、昨日といる場所が同じ。

昨日までは夜 みんなが寝静まるのを見計らって

こっそり隠れ場所から出てきてたのに・・・


午前中 どうしても外せない用事があったので

午後一で病院に連れて行こうって決めてたのに・・・



午後の診察は3時から。

あと10分、いやあと5分頑張ってくれていたら、

違う、少し早めでも病院に連れて行っていれば。


私の腕の中で 大きくため息をついて

静かに、息を引き取った小梅。


心臓の鼓動が少しずつゆっくりになって

このままじゃ止まっちゃう!って心臓マッサージしました。

小梅の名前を呼びながら。

息も絶え絶えでうつろな小梅に

「おっかしゃん、もう、眠りたい・・・」

って言われたような気がして



玄関の下駄箱の下が小梅の定位置。

きっと門番してくれてたんだね。

「行ってくるね、うめ。」

「ただいま、うめ・」

って言ってももう小梅はいないけど

もうしばらく、そのままにしておくからね。


最期にしか触らせてくれなかったけど

小梅のあったかさ、感触、忘れないよ。

写真くらいはとらせてくれても良かったのに・・・。

きっとあるから探すから。


小梅。享年4歳2カ月。
スポンサーサイト

Dキララの後を追うように・・・

昨年の11月6日、キララが虹の橋を渡って


そしたら  2~3カ月家出していたコロ介がひょっこり帰ってきた。。。

ガリガリに痩せて  フラフラしながら帰ってきた。


急いで病院に連れていって

毎日薬を飲ませて

一時は回復。以前のような元気はないものの ちゃんと自力でご飯を食べたり水を飲んだり。



外に出たがらないのは、寒いしまだ完全に回復してないからだろうね。。。


出たがったとしてももう少し元気にならないとだせないねぇ・・・

なんて言いながら。





2~3週間前から急に歩き方がフラフラしだして

「これは絶対におかしい!!!」



すぐに病院へ。

輸液と注射をしてもらい、血液検査。

腎不全を起こしていて、危険な状態だと・・・


先生:「猫はデリケートだから、入院して環境が変わった事によるストレスは

 今の状態だと返って良くないから 自宅療養でいきましょう。

 脱水症状もかなりひどいから、とにかく水分補給と

 それからまずはとにかく口から食べ物を入れるように。」

私:「どんな食べ物が良いんでしょう?栄養価の高い、離乳食みたいなのが良いんですか?」

先生:「いや、今のコロ介ちゃんにはあんまり栄養価が高いものだと返って負担をかけてしまうから

    飲み込みやすくて 負担がすくない方がいいね。」


そこそこ栄養もあって消化も良くてのど越しも良いとなると・・・老猫用!


それから毎日 朝晩2回 (コロが調子が良さそうな時には3回)

シリンジで、水と食事をさせた。

1週間を過ぎると お互いに慣れてきたのかコロ介も上手にゴックン出来るようになってきたし

少し良くなってるのかなぁ と淡い期待を抱いて経過を診る為病院へ。


私:「先生。最近少しづつだけど ご飯食べるの上手になってきたんですよ♪

   抵抗する力も強くなってきてて、お陰で傷だらけですよ、ほら!」

   嬉しい気持ちを隠しきれず・・・

 先生:「ホントに!回復してるのかなぁ」  先生の笑顔にこちらもまた笑顔。

ところが・・・・・


体重が増えるどころか減っている。

どうして??嫌がってはいるけどとりあえず食べてるし、おしっこだってちゃんと出てるし・・・


先生:「・・・薬を変えてみましょう。また1週間後に来てください・・・」


回復するどころか悪化している、

私達に出来る事って・・・何?



回復の見込みがないとしても、生きている以上呼吸をしている以上

食事をさせて 

お水を飲ませて 

薬をあげて 

話しかけて 

ガリガリになった身体をだっこして温めて




1週間後、再び病院へ。

体重測定・・・減少

血液検査。 結果を待つ間に輸液。


結果・・・・回復どころか 数値は悪化


どうしたらいいんだろう???どうしてあげたら良いんだろう・・・


私たちは コロ介に虹の橋をわたってほしくない


でもきっとコロ介はこの状況は辛くて苦しいに違いない。


安楽死という方法が頭をよぎる。

・・・・・私には・・・・出来ない・・・・


口の中も荒れてきて、シリンジを口の脇に当てても口をあけてくれなくなった。

それでも無理やりあけて水とかご飯を流し込めば辛うじて飲み込んでくれた。


(もうダメなのかもしれない・・・)



昨日は

もう

ほとんど食事も水も飲んでくれなかった。


娘達の手前、必死で涙をこらえる。


横たわるコロ介のお腹の動きが普通よりも早い。


夜中に何度も確認する。

(うん、まだ温かい)




そして早朝


窓の外を眺めるようにして



コロ介は 虹の橋を 渡りました。


ちゃんとうんちもしてあったね。


コロ介が望む事


なんにもしてあげられなかった。


キララに もう少しお迎えにくるの待っててねって

毎日お願いしてたんだけどね。


きっとキララが「もう頑張らなくてもいいよ、コロ介」って

連れて行ってくれたんだね。


コロ介の病気を治す事も 痛みや苦しみを和らげる事も出来ない

そんなおっかさんを見るに見かねてね・・・



もう一度、外で思いっきり走り回ったり 虫を捕まえたり


させてあげたかった・・・




          コロ介   享年3歳



D1週間が過ぎ

          11月13日(土)


先週の今頃・・・・


キララの姿が我が家から消えてしまってから1週間が経ちました。


事故があった路上には、かなりの血痕があったので


すぐにおとっつぁんと掃除にいったのですが


次の日の朝確認したら、残ってしまっていました。


毎日通るので、始めの頃は通るたびに悲しい気持ちに・・・。


今日も車で通ったのですが やっぱり残っていて


一緒だった娘達の反応にちょっとドキドキ。


ところが


娘「まだ跡残ってるね。キララが倒れてる姿 思い出しちゃうけど


  ずっと消えてほしくないなぁ・・・」


少しずつ、時間が心を癒してくれている事を感じさせてくれる言葉でした。

Dお別れは 突然・・・

              11月9日(火)


土曜日の夜

最年長にゃんのキララが

車にひかれて 虹の橋をわたってしまいました。


おとっつぁんが捨てられていたキララを保護してから

キララとの生活が始まり

たくさんの思い出と大切な命を残してくれました。


今はまだ、いつもの定位置にキララがいるような気がして・・・


土曜日の朝、勝手口から外に出てしまったキララを

いつものように「夕方には帰ってくるだろう」と

後を追いかけて連れ戻さなかった自分を責めずにはいられません。


あの時連れ戻していたら、今もキララはここにいて・・・。


「いつになったら涙が止まってくれるのかなぁ・・・」娘のつぶやき。


おっかさんも知りたい。

きっと時間が癒してくれる。

でも共に過ごした時間が長ければ長いほど

悲しい気持ちから、やわらかい思い出になるまで時間がかかるのかなぁ・・・


少しでも気を緩めたら泣いてしまいそうな

まだまだそんな感じ。


ありがとうも、バイバイもまだ言えない。

思い出されるのは、血だらけのキララばっかり。


キララに・・・会いたい


DSC_0011_convert_20100102204912.jpg


2010年11月5日       雲母(キララ)  享年8歳



027_convert_20091105154730.jpg



002_convert_20091026170608.jpg

D脱・おでぶ☆

                     7月6日(火)


昨日のゲリラ豪雨、被害に遭われた方は
本当に大変だと思います。
特に暑い時期でもありますし、衛生面も寒い時期以上に
気をつけなくてはならないし・・・
浸水してしまうということは、雨水はもちろん 地下の生活排水や
汚水なども含まれているわけで、臭いなんかもするんでしょうか・・・?

心から 一日も早い復旧を願います



さて、見た目非常に暑苦しい毛むくじゃらのにゃん子たち

今回は 銀次くんがおっかさんの餌食に・・・フフフッ

30分ほどブラッシングを続けた成果がこちら


DSC_0008_convert_20100706153702.jpg

高さをトイレットペーパと比較してみました


DSC_0003_convert_20100706153510.jpg

大きさは携帯電話と比較。

どれだけの毛玉が収穫できたか お分かりいただけますでしょうか


DSC_0005_convert_20100706153623.jpg


銀次くん本人もビックリの このボリューム

ほんの少しだけですが スリムになったような気がします

他のにゃん子は こんなに収穫出来ないんです。

同じにゃん子なのに 不思議です。
Dプロフィール

peipei

Author:peipei
横浜在住。
フレンチブルドック9ブヒ。

凛平♂ 2001.11.30生
あんず♀ 2003.10.24生
小麦♀ 2006.1.5生
茶太郎♂ 2007.11.4生
きのこ♀ 2008.8.14生
平八郎♂ 2008.10.25生
ししゃも♂ 2009.5.25生
四つ葉♀ 2009.7.7生
五右衛門♂ 2010.1.23生

ブルドッグ1ブル。
乙女♀ 2009.4.18生

トイプードル
えびす♂ 2011.7.14生
大黒(だいこく)♂ 2011.9.14生
猫7 

かん太♂(家出中!) 
銀次♂
もも♀
はな♀(家出中!)
ゲン♂ 2007.2.22生
小梅♀ 2008.2.23生
2012.5.20
虹の橋を渡りました
享年4歳2カ月

ボタン♀

D前の記事はこんな記事☆

D最近の記事
D月別アーカイブ
Dカテゴリー
Dブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Dアクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
8461位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

4376位
アクセスランキングを見る>>
DFC2カウンター
D天気予報

-天気予報コム- -FC2-
Dtranslate this blog into

ブログ内検索
リンク

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。